2つの『金』喜び新た 飛び込みの郡山・西川さん、ワールドマスターズ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「最高の演技ができた」と金メダルを手に笑顔を見せる西川さん

 ハンガリー・ブダペストで開かれた生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズ選手権2017」の飛び込み競技・45~49歳の部で、3メートル、1メートルの飛び板飛び込みの2種目を制した郡山市の西川友章さん(47)=清陵情報高教=に、初出場ながら二つの金メダルを獲得した感想や今後の抱負などを聞いた。

―優勝した感想は。

 「五輪などに出場経験のある選手がいる中、2種目で優勝できたことに自分でも驚いている。大会前には肉離れによる足のけがもあったが、みんなの協力、たくさんの声援をいただき、今までにない最高の演技ができた」

 ―勝因は。

 「大会の雰囲気にのまれず、競技に集中して臨めたことが大きかった」

―今後について。

 「メダルに関心を寄せてもらうことで、若い選手の目標づくりのきっかけとなればうれしい。選手の強化や競技人口の拡大にも力を注ぎ、競技力の向上につなげたい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV