もう少し戦いたかった...成年男子が悔しい敗退 えひめ国体・剣道

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【剣道成年男子1回戦・福島―宮崎】面を決める中堅原田(左)=松山市・愛媛県武道館

 剣道成年男子の福島選抜は1回戦で敗退した。1本勝ちで1人気を吐いた原田賢治(県警)は「打とうというより瞬間的に動けた。ここ数年で一番良かった」と振り返った。 

 先鋒、次鋒が敗れ、後がない状況で中堅原田に勝負が託された。初対戦で序盤は腹のさぐり合い。試合時間5分間の半分を経過したところでお互いが一気に攻勢を仕掛けた。相手の胴打ちよりも先に原田の面打ちが決まり、試合はそのまま1本先取で勝利となった。

 選手兼任監督の武藤士津夫(同)は「例年よりも長く合宿をして動きも良かった。もう少し戦いたかったのに残念」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る