福島ファイヤーボンズ、開幕戦好発進 アウェーで広島に89-75

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【広島―福島】第1Q、相手ディフェンスを振り切りシュートを放つアラビ(右)=広島市・広島サンプラザホール

(2日・広島サンプラザホール=1試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで広島ドラゴンフライズとの開幕戦に臨み、89―75で初戦を白星で飾った。

 B2は18チームが3地区に分かれて各60試合を戦う。各地区1位と、2位で勝率トップの計4チームが、1部(B1)昇格を目指すB2プレーオフへ進む。

 福島は次戦の3日、同会場で広島と対戦する。午後7時開始予定。

 広島のブースターで埋め尽くされた敵地で、福島ファイヤーボンズが勝ちどきを上げた。

 アラビ躍動の9リバウンド

 チーム最多の9本のリバウンドに加え、18得点をマークしたソロモン・アラビは「うれしい。これからの試合にワクワクする」と声を弾ませた。

 今季のボンズには高さがある。第1Qでは、新加入した身長192センチの武藤修平が元日本代表の山田大治をはねのけ、リバウンド4本を奪ってチームに流れを呼び込むと、その後は、昨季B2リバウンド王のソロモン・アラビが躍動した。

 216センチの長身を生かし、ディフェンスリバウンドからの速攻を展開。「リバウンドを奪い、クイックなテンポで攻撃につなげるのが役目。いい連係ができた」。第4Qではディフェンスリバウンドから2度得点をおぜん立て。昨季プレーオフに進出した実力のある広島を一蹴してみせた。「もっとリバウンドを奪ってチームに貢献できる。より攻撃の連係を深めていきたい」とアラビ。始まったばかりのシーズンを冷静に受け止め、勝って兜の緒を締めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン