いわき総合高・中村が8位 えひめ国体・少年女子円盤投げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【陸上・少年女子共通円盤投げ決勝】力強い投てきを見せる中村=松山市・ニンジニアスタジアム

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第8日は7日、陸上少年女子共通円盤投げの中村友紀(いわき総合高3年)が40メートル72で8位となった。

 下半身の強化実る

 少年女子共通円盤投げの中村は自己ベスト40メートル83の更新は逃したものの堂々8位入賞を果たした。

 前日、円盤投げで活躍する佐藤若菜(東邦銀行)ら県勢成年メンバーが思うような結果を残せなかったことで「自分が結果を出さないと」と気持ちを高め本番に入った。資格記録は出場選手中14番目ながら1投目で40メートル72の好記録で、ライバルたちにプレッシャーを掛けた。しかし、ベスト8に残ったことで気持ちに余裕ができ、その後は記録を伸ばせなかった。

 昨年に続き2度目の出場。「(昨年は)初めての国体では緊張して力を発揮できなかった。1年かけて下半身を強化してきた」と満足な結果に笑顔がはじけた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る