浜通りチーム制す シニアサッカー・民友杯福島県Oリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝した浜通りチーム

 シニア世代(58歳以上)のサッカー愛好者による福島民友カップ「第3回県O(オー)リーグ」は8日、富岡町総合スポーツセンターで2回戦3試合が行われた。浜通りチームが3勝1分けで優勝し、福島民友新聞社からカップが贈られた。県サッカー協会シニア委員会の主催。

 浜通りと県北、西南(県南、会津)の地域別3チームが出場した。6月の1回戦3試合に続いて総当たりのリーグ戦で、選手たちが白熱した攻防を展開した。

 準優勝は1勝1敗2分けの県北、3位は3敗1分けの西南だった。

 遠藤秀一実行委員長は閉会式で「幅広い世代にサッカーの楽しさを広めたい」と語り、競技人口の拡大に努める考えを示した。

 大会は、参加者同士の親交とシニアサッカーの普及などを図るのが目的。試合開始から10分間は、各チームのピッチ上にいる選手の合計年齢が700歳を超えることがルールとなっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場