福島ホープス、笹平ら4選手が退団

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスを運営する福島県民球団は10日、捕手笹平拓己(28)ら4選手が退団し、引退すると発表した。笹平は今季66試合に出場し、打率は2割6分2厘だった。引退するのは、笹平のほか、内野手西井健太(28)、投手松本匠(23)=学法石川高卒、外野手川上祐作(22)。西井は59試合に出場し、打率は2割9分7厘。松本は5試合に登板し、0勝0敗で防御率10・8。川上は64試合に出場し打率は2割2分だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手