投手・鍵政が福島ホープス退団・引退 鈴木、木村は自由契約

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスを運営する福島県民球団は14日、投手鍵政祥太(26)が退団し、引退すると発表した。鍵政は今季27試合に登板し、1勝2敗で防御率4.46だった。

 また、練習生の投手鈴木克幸(21)、外野手木村健太(20)が退団し、自由契約となる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る