福島ファイヤーボンズ、今季初の連勝 終盤に大量得点で逆転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【青森―福島】第3Q、シュートを決める福島のアラビ=青森市・マエダアリーナ

 (15日・マエダアリーナほか=8試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで青森ワッツと対戦、終盤に大量得点を奪い逆転し87―78で今季初の連勝を飾った。通算成績は4勝2敗で、東地区6チーム中2位のまま。

 福島は第1クオーター(Q)、武藤、アラビのゴールなどで19点を挙げ2点のリードを奪った。第2Qでは、ジョーンズが3点シュートを3本決め攻撃を引っ張ったが、守備が崩れ逆転を許し40―41で折り返した。

 第3Qでも差を詰められず、56―58で最終第4Qへ。福島はジョーンズ、菅野の3点シュートに加え、2点シュートも確実に決めて得点を伸ばし、計31点を奪って逆転した。

 福島は次戦の21日、ホームの福島市国体記念体育館で、西地区のバンビシャス奈良と対戦する。午後6時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る