11日、なでしこ・高倉監督が郡山で講演 福島県サッカー協会70周年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県サッカー協会(小池征会長)は11月11日午後3時から郡山市の郡山ビューホテルアネックスで、創立70周年記念事業として、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(写真、福島市出身)を招いた講演会と記念式典を行う。

 講演会は、高倉監督が同協会技術委員の斎藤勝さん、松本克典さんとトークショー形式で開催。「なでしこの現在~未来」などをテーマに、代表チームの指導法などを話す。

 入場無料、定員500人。参加希望者は県サッカー協会にメールで申し込む。締め切りは27日まで。メールアドレスはfa‐fukusima@jfa.or.jp。問い合わせは県サッカー協会(電話024・953・5626)へ。

 小池会長、橋本善一郎専務理事は24日、講演会PRのため福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、「世界から見た技術的なアドバイスを聞いてもらいたい」と来場を呼び掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」