福島県は32位、山口が優勝 全国都道府県対抗アマゴルフ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第35回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権JA共済CUP(全国新聞社事業協議会主催、日本ゴルフ協会、九州ゴルフ連盟、宮崎県ゴルフ協会、宮崎県、宮崎市後援、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)は26日、宮崎市のUMKCC(7039ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、3人のスコアで争う団体は前日2位の山口が445で逆転し、初制覇した。本県は32位だった。

 個人は40歳の山中敏靖(富山)が73で回って逃げ切り、通算1アンダーの143で初優勝した。県勢は遠藤秀伸と柳沼達男が65位、古田晃が124位だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる