東北フリーブレイズ、追撃届かず アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―アニャンハルラ】ゴールに迫るフリーブレイズの攻撃陣=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは29日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は、ホームのテクノルアイスパーク八戸で、アニャンハルラ(韓国)と対戦、1―2で惜敗し連勝が2でストップした。

 フリーブレイズは第1ピリオド、相手の攻撃に押され2点を許した。第2ピリオドでは無失点に抑えると、最終第3ピリオドでDF熊谷がゴールを決めた。最後は逆転を狙いパワープレーなどでゴールに迫ったが、追加点を奪うことはできなかった。

 フリーブレイズは次戦の31日、同会場でハイワン(韓国)と対戦する。午後7時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる