東邦銀行が女子1600で優勝 陸上日本選手権リレー、5年ぶり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の日本選手権リレー最終日は29日、横浜市の日産スタジアムで1600メートルリレー決勝が行われ、男子は斉藤旬亮、桜井朴也、ウォルシュ・ジュリアン、吉津拓歩の東洋大が3分7秒11で初優勝した。6連覇を狙った早大は0秒01差の2位だった。

 女子は青木りん、武石この実、新宮美歩、青木沙弥佳の東邦銀行が3分36秒00で5年ぶりに制した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV