馬場浄めで安全祈願 3日から秋の福島競馬

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レースの安全とイベントの成功を祈願する勝見場長ら

 JRA福島競馬場は1日、福島市の同競馬場で馬場浄(きよ)め式を行い、関係者らが秋の福島競馬(3~19日)での騎手や競走馬の安全、イベントの成功を祈願した。
 職員や馬主ら約30人が出席。神事が執り行われ、勝見浩二場長らが玉串を奉納した。

 勝見場長は「熱いレースと、多彩なゲストを招いたイベントを用意している。来年の福島競馬場100周年に向けて盛り上げていきたい」と来場を呼び掛けた。

 秋の福島競馬は3、4、11、12、18、19日の6日間開催される。重賞レースは12日の福島記念(G3)。11日にお笑い芸人の永野さんによるお笑いライブ(午前11時25分ごろから)、12日にお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原徹さんのトークショー(午前11時20分ごろから)などさまざまなイベントが予定されている。また、最終日の19日にはファッションモデルのラブリさんが来場し福島競馬場100周年のロゴとキャッチコピーの発表が行われる(午前11時20分ごろから)。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手