福島ファイヤーボンズ、会心勝利 全勝の秋田止める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【秋田―福島】第1Q、レイアップシュートする福島の徳川=CNAアリーナ★あきた

 (5日・CNAアリーナ★あきた=6試合) 2部(B2)の東地区2位の福島ファイヤーボンズはアウェーで同地区1位の秋田ノーザンハピネッツと対戦し、76―64で競り勝った。通算成績は9勝4敗で順位は変わらず2位。秋田の開幕からの連勝を12で止めた。

 福島は第1クオーター(Q)、菅野の3点シュートなどで流れをつかむと、第2Qではジョーンズやショウ、川満らの内外からの得点で39―31とリードした。後半に入ると、秋田の猛攻に遭い、第3Qで1点差に詰め寄られ、最終の第4Qも一進一退の攻防となったが、菅野らが要所でネットを揺らすなど逆転を許さなかった。

 福島は次戦の13日、ホームの郡山総合体育館(郡山市)で青森ワッツと対戦する。午後7時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る