光南高・松本選手、決意を新た 町長にプロ野球ドラフト指名報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
野崎町長(右)にサインした色紙を贈呈し決意を新たにした松本選手

 プロ野球ドラフト会議で楽天から育成枠2位で指名された光南高の松本京志郎内野手(18)=西郷村出身=は12日までに、矢吹町役場を訪れ、野崎吉郎町長に指名報告を行った。

 野崎町長は「これからが本番。夢や希望を日本中に与えられる選手になってほしい」と激励。

 松本選手は「2年の夏大会が人生を変えた。早く1軍に上がれるよう努力したい」と決意を述べ、野崎町長に「とにかくフルスイング」とつづった色紙をプレゼントした。

 光南高の山崎雅弘校長、市川裕太野球部長、大木倉吉同窓会長のほか、水戸勘十体育文化後援会長、栗林正樹町教育長が同席した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る