福島記念、ウインブライトが制す 後続しのぎ重賞2勝目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島記念を制したウインブライトと松岡騎手(右)

 福島競馬秋開催唯一の重賞、第53回福島記念(2000メートル芝、G3)は12日、同競馬場で行われ、2番人気ウインブライト(牡3歳、松岡正海騎乗)が2分0秒2のタイムで優勝した。同馬は今年のスプリングS(G2)に続く重賞2勝目で通算10戦4勝。

 ウインブライトは道中3番手から直線に入って力強く抜け出し後続の追い込みをしのぎ切った。クビ差2着は3番人気スズカデヴィアス、そこからハナ差3着は10番人気ヒストリカル。好位から進めた1番人気サンマルティンは最後いっぱいになり14着だった。松岡騎手は「止まりにくい馬場だったので前に行った。近走、力を発揮できなかったので(勝てて)ほっとしました」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る