J3入り貢献、金が引退 福島ユナイテッド・岡田、杉野も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドは30日、MF金功青(31)、GK岡田大(32)、DF杉野健斗(25)の3選手が今季限りで現役を引退し、DF小山内貴哉(24)について契約満了に伴い来季の契約は更新しないと発表した。

 金は兵庫県出身。2009(平成21)年に流経大から当時東北社会人リーグ1部の福島に加入。中盤の中心選手として東北1部からJFL(日本フットボールリーグ)、J3への昇格に貢献した。今季はリーグ戦12試合に出場、無得点。

 岡田は千葉県出身。12年にアルテ高崎から加入。今季は出場がなかった。Jリーグで通算3試合に出場。

 杉野は岐阜県出身。14年に東海学園大から福島に入団した。今季は11試合、Jリーグ通算で53試合に出場した。

 小山内は北海道出身。コンサドーレ札幌、AC長野パルセイロを経て15年に福島入りした。今季はリーグ戦4試合に出場した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場