ハンドボール・大崎電気、迫力プレー 学法福島高で練習、部員と交流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
練習の合間に部員と触れ合う宮崎選手(左)

 宮崎大輔が所属する男子ハンドボールの強豪、大崎電気は1日、福島市の学法福島高でリーグ戦の事前練習を行った。

 同校女子ハンドボール部の中村広生監督、舎利弗(とどろき)学前監督との縁から事前練習が行われた。

 大崎電気は2日に宮城県大和町総合体育館で開かれる「日本ハンドボールリーグ」でトヨタ自動車東日本と対戦する。

 同校の女子ハンドボール部員が練習を見学し、練習の合間には選手とシュート練習などで交流した。

 主将の菅野結菜さん(2年)は「力強いプレーで宮崎選手のフェイントやシュートがすごかった」と目を輝かせた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場