内田選手らとふれあい交流 郡山で楽天イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ファンとキャッチボールで交流する内田選手ら(右)

 プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団は2日、郡山市の郡山カルチャーパークカルチャーセンターで楽天選手と交流する「ふれあいイベント」を開いた。内田靖人選手(いわき市出身)らがファンと楽しいひとときを過ごした。

 内田選手をはじめ、戸村健次、南要輔の3選手が、集まったファン約300人とキャッチボールや長縄跳び、サイン入りの色紙などが当たるじゃんけん大会などで交流した。

 シーズン報告も行われ、内田選手は「イースタン・リーグでは2冠だったが、1軍で結果を出せなかった」と悔しさをにじませ「来シーズンは開幕1軍を目指し、2桁本塁打を打ちたい」と力強く抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる