東北フリーブレイズ、連敗止める アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―デミョン】ゴールを死守するフリーブレイズのGK畑=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは7日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はホームのテクノルアイスパーク八戸でデミョンキラーホエールズ(韓国)と対戦、6―1で快勝し、連敗を5で止めた。通算成績は13勝13敗で3位。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW山田のゴールで先制。第2ピリオドに、FW人里、山下、河合、岩槻がゴールを決め突き放した。第3ピリオドも、相手の反撃を抑え、リードを守った。

 フリーブレイズは次戦の23日、アウェーの日本製紙アイスアリーナ(北海道釧路市)で日本製紙クレインズと対戦する。午後5時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手