桃田の代表復帰が決定 バドミントン・女子は大堀、川上ら選出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本バドミントン協会は12日、来年の日本代表を発表し、昨年4月に発覚した違法賭博問題で強化指定から外した男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)をA代表に選出した。また、全日本総合選手権女子シングルス準優勝の大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒)、同8強の川上紗恵奈(北都銀行、富岡高卒)もA代表入りを果たした。

 女子ダブルスでは、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組(日本ユニシス)、男子ダブルスでは遠藤大由・渡辺勇大(富岡高卒)組(ともに日本ユニシス)、保木卓朗・小林優吾組(ともにトナミ運輸、富岡高卒)を選出した。混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗組(ともに日本ユニシス、富岡高卒)も選出された。

 また、B代表では本県関係で男子の古賀穂(早稲田大、富岡高卒)、斎藤太一(NTT東日本、富岡高卒)、金子真大(ふたば未来学園高)、久保田友之祐(同)、女子の仁平菜月(トナミ運輸、富岡高卒)、高橋明日香(ふたば未来学園高)がそれぞれ選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる