来季につなげたい 福島ユナイテッド監督らが知事表敬

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事に来季の活躍を誓った後藤会長(左)と鈴木社長(右)、田坂監督(右から2人目)

 福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドの後藤忠久会長と鈴木勇人社長、同FCの田坂和昭監督は15日、県庁に内堀雅雄知事を表敬訪問し、今季の成績を報告した。

 今季10位という結果に田坂監督は「順位はふがいない結果だがチームの土台はできた」と振り返り、「県民、サポーターのために来季はもう1ランク上の戦い、順位を目指したい」と誓った。内堀知事は「開幕からの4連勝でJ3初の単独首位、ホーム勝ち越しなど今季の田坂新体制の戦いぶりは来季につながる」と激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式