春高バレー頑張って! 郡山女子大付高で壮行会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勝利に向けて誓いを新たにしたメンバー

 来年1月4日に開幕する全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)に本県代表として出場する郡山女子大付バレーボール部の壮行会は22日、郡山市の同校で開かれ、選手が勝利に向けて士気を高めた。

 佐々木貞子校長が「持っている力を出し切り、試合を楽しんできてほしい」、酒井和泉生徒会長(2年)が「悔いが残らないように頑張ってほしい」とエールを送った。橋本美久主将(3年)が「チームのために力を発揮してきたい」と決意を述べた。

 2年連続19度目の出場となる同校は大会初日の4日の1回戦で高知南と対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場