東北フリーブレイズ、逃げ切り連勝 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アイスホッケーのアジアリーグは23日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はアウェーの日本製紙アイスアリーナ(北海道釧路市)で日本製紙クレインズと対戦、3―2で競り勝った。2連勝で通算成績は14勝13敗で、順位は3位。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW山田、DFパイアットの得点で2点をリード。第2ピリオドに1点差に迫られたが、FW山下のゴールで突き放し、そのまま逃げ切った。

 フリーブレイズはレギュラーリーグ最終戦となる24日、同会場で日本製紙クレインズと対戦する。午後3時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず