福島ファイヤーボンズ、首位・秋田に競り勝つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―秋田】第3Q、ゴール下に切り込みシュートを放つ福島の友利=郡山総合体育館

(24日・郡山総合体育館ほか=8試合)

 Bリーグ2部(B2)東地区の福島ファイヤーボンズはホームで同地区の秋田ノーザンハピネッツと対戦、74―72で勝利した。通算成績は16勝10敗で東地区6チーム中2位のまま。福島は次戦の29日、アウェーの南陽市民体育館(山形県)で山形ワイヴァンズと対戦する。午後2時開始予定。

 福島が総力戦で秋田との接戦を制した。

 福島は第1クオーター(Q)、秋田の守備を前に、ターンオーバー7本を許すなど精彩を欠き、4点を追う展開となった。第2Qでは一時、13点差まで離されたが、少ないチャンスを生かし、8点差にまで追い上げて折り返した。

 第3Qでは、菅野と友利、武藤が3点シュートを決め、同点で最終第4Qへ。一進一退の攻防が続いたが、友利が3点シュートを沈め勝ち越し、最後は粘り強い守備でリードを守りきった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる