郡山北工「気合」十分、28日初戦 全国高校ラグビー27日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花園での勝利へ闘志を燃やす郡山北工フィフティーン

 第97回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。51校が日本一を懸けて熱戦を繰り広げる。

 花園での初勝利を目指す本県代表の郡山北工は第2日の28日、1回戦で23回目の出場となる和歌山工(和歌山)と対戦する。午後0時40分開始予定。

 決勝は来年1月8日に行われる。

 組織的な攻守で「花園1勝」狙う

 3年連続で花園の舞台に立つ郡山北工。悲願の「花園1勝」に向けて、創部70年の伝統を誇る和歌山工に挑む。

 持ち味は、15人全員の組織的な攻守。県大会決勝で相手を無失点に抑えた堅い守備から、主将のFW後藤陸(3年)を中心に好機をつくり、得点につなげる。攻撃では、FW陣の縦への突破が大きな武器。

 過去2大会、伏見工(京都)、報徳学園(兵庫)と関西の強豪校を相手に初戦で涙をのんでいる。後藤は「今年こそ勝って、一つでも上に進みたい」と闘志を燃やしている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず