東北フリーブレイズ開幕戦黒星 アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―アイスバックス】ゴールを狙い攻め込むフリーブレイズのFW篠原亨(右)=テクノルアイスパーク八戸

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は6日、青森県八戸市などで開幕した。東北フリーブレイズ(福島県郡山市、八戸市)はホーム八戸市のテクノルアイスパーク八戸で日光アイスバックスと対戦、1―2で敗れ、開幕戦を飾れなかった。

 フリーブレイズは第2ピリオド、FW田中遼のゴールで先制した。しかし、最終第3ピリオド開始早々に失点し同点とされると、約10分後に追加点を奪われ逆転された。最後は攻勢を仕掛けゴールを狙ったが、相手の守備を崩せなかった。

 フリーブレイズは次戦の7日、同会場でアイスバックスと対戦する。午後3時30分開始予定。

 ジャパンカップは2月25日まで。ホームアンドアウェー方式による6回戦総当たりで、各チーム18試合を行う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン