東北フリーブレイズ連敗 アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ-アイスバックス】相手陣内に攻め込むフリーブレイズのFW山本=テクノルアイスパーク八戸

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は7日、各地で2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はホーム八戸市のテクノルアイスパーク八戸で日光アイスバックスと対戦、2―5で敗れ、2連敗を喫した。

 フリーブレイズは第1ピリオド、守備陣が崩れ、2失点と苦しい展開となった。第2ピリオドにFW田中豪がゴールを決めて追い上げたが、2失点と再び守備が乱れ、主導権を奪われた。最終第3ピリオドには猛攻を仕掛けたが、最後まで攻め切れなかった。

 フリーブレイズは次戦の13日、栃木県日光市の日光霧降アイスアリーナでアイスバックスと対戦する。午後4時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる