東北フリーブレイズ初勝利 アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【アイスバックス―フリーブレイズ】第2ピリオド、逆転ゴールを決めたフリーブレイズのFW河合(右から2人目)=日光霧降アイスアリーナ

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は14日、1試合が行われた。東北フリーブレイズ(福島県郡山市、青森県八戸市)はアウェーの日光霧降アイスアリーナ(栃木県日光市)で栃木日光アイスバックスと対戦、3―2で制し、今大会初勝利した。

 第1ピリオドに先制を許したフリーブレイズは、第2ピリオドで篠原亨、河合の両FWのゴールで逆転に成功。最終第3ピリオドにはFW大宮の追加点で突き放した。相手も意地を見せ1点を返したが、そのまま逃げ切った。

 フリーブレイズは次戦の20日、ダイドードリンコアイスアリーナ(東京・西東京市)でアイスバックスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み