横沢が雪辱の初V 福島県中体スキー・距離女子フリー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子距離フリー3キロ】初優勝を果たした横沢亜美(猪苗代)

 第60回県中学校体育大会スキー競技は15日、猪苗代町クロスカントリースキーコースで開幕した。初日は距離男女フリーが行われ、女子3キロは横沢亜美(猪苗代2年)が優勝した。

 「スピードはまだまだだけど、去年より進むようになった」。女子距離フリー3キロで昨年逃した初優勝を手にした横沢は、自らの腕で勝ち取った成果に胸を張った。

 昨年出場した全中の同種目は68位。「トップ選手の腕の振りと速さに圧倒された」と衝撃を受けた横沢は、腕を高く振り上げるフォーム改造に取り組んできた。毎日腕立て伏せを欠かさず腕力を鍛え、今季の推進力アップにつなげた。

 出走順の後ろは昨年優勝の目黒楓華(只見3年)。「意識して、初めから飛ばした」と、前だけを見て振り返ることはしなかった。コース中二つの大きな坂では、鍛えた腕力でペースを落とさずテンポ良く上り切り、フィニッシュへ一気に突き進んだ。

 クラシカルは連覇が懸かる。「坂と平地のつなぎの滑りを意識して、いいタイムを出す」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、30校堂々の入場行進