「時空の路ヒルクライムin会津」第15回大会は5月20日開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開催日程などを決めた会議

 会津美里、下郷の両町を結ぶ氷玉峠を舞台に行われる自転車レース「時空(とき)の路(みち)ヒルクライムin会津」を主催する「時空の路ヒルクライム会津実行委員会」は24日、会津美里町で第1回会議を開き、第15回大会を5月20日に開催することを決めた。

 実行委を構成する両町と両町観光協会、大内宿観光協会、福島民友新聞社などから約10人が出席した。委員長に浅沼弘志下郷町観光協会長を選んだ。大会役員や実行委員、選手らが交流を図る前夜祭を昨年に続き開くことも決めた。

 レースは県道下郷会津本郷線(通称大内宿こぶしライン)の13.5キロ、高低差600メートルのコースで、ロードレーサー、マウンテンバイクの両部門に分かれて行われる。個人の部は男女、年齢別の21部門で行われ、男女別に3人一組のチームで合計タイムを競う団体の部も行われる。

 申込期間は2月1日から4月20日まで、定員は800人。問い合わせは実行委事務局(会津美里町せせらぎ公園管理棟内、電話0242・57・1225)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手