東北フリーブレイズ、延長制す アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―王子イーグルス】第1ピリオド、先制点を決めるフリーブレイズのFW篠原亨(左)=テクノルアイスパーク八戸

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は27日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸などで2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は延長の末、王子イーグルスに2―1で競り勝った。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW篠原亨のゴールで先制した。第2ピリオドで両チームとも得点を挙げられず迎えた最終の第3ピリオド、フリーブレイズは終了間際に同点に追い付かれ、延長に突入。迎えた延長2分に、DF熊谷が決勝点を挙げた。フリーブレイズは次戦の28日、同会場で王子イーグルスと対戦する。午後3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず