東北フリーブレイズ延長で敗れる アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は28日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸などで2試合が行われた。東北フリーブレイズ(福島県郡山市、青森県八戸市)はホームの同会場で王子イーグルスと対戦、延長戦の末、2―3で敗れた。

 両チーム無得点のまま迎えた第2ピリオド、フリーブレイズは2連続失点を喫したが、すぐさま反撃。河合、大宮の両FWの得点で試合を振り出しに戻した。延長開始早々に決勝点を奪われると相手の堅い守備に阻まれ、そのまま力尽きた。

 フリーブレイズは次戦の30日、同会場で王子イーグルスと再戦する。午後7時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる