福島ファイヤーボンズ、福島南高・半沢を特別指定選手に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロバスケットボール男子Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは2日、男子U―18(18歳以下)の日本代表候補選手の半沢凌太(18)=福島南高3年=と、特別指定選手契約を結んだと発表した。

 半沢は3日の岩手戦からベンチ登録が可能となり、福島の選手として公式戦に出場できるようになる。

 半沢は身長190センチ、体重85キロのスモールフォワード。

 今春からは筑波大への進学が決まっている。半沢は「生まれ育った福島でプレーできることは貴重な経験。チームが勢いづくプレーをして勝利に貢献したい」とコメントした。

 今季の特別指定選手契約は、水野幹太(法大1年、福島南高卒)に続いて2人目。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる