東北フリーブレイズ競り勝つ アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―日本製紙クレインズ】第3ピリオド、5点目を奪うフリーブレイズのFW岩槻右=テクノルアイスパーク八戸

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は3日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸などで2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はホームの同会場で日本製紙クレインズと対戦し、6―4で競り勝った。

 第1ピリオドを0―2で終えたフリーブレイズは、第2ピリオドでDFパイアット、FW岩槻らの一挙4ゴールで逆転。第3ピリオドは一時同点とされたが、岩槻のこの試合2点目となるゴールなどで突き放した。

 フリーブレイズは次戦の4日、同会場でクレインズと対戦する。午後3時分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手