草野緑松SSSが優勝 民友杯平方部少年サッカー新人大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝した草野緑松SSS

 福島民友新聞社杯平方部少年サッカー新人大会最終日は4日、いわき市の郷ケ丘小、平三小で決勝リーグなどが行われ、草野緑松SSSが16大会ぶり2度目の優勝を飾った。

 草野緑松SSSは決勝リーグ初戦ですずかけSSSを3―0で下すと、2試合目には7連覇中のアストロンFCを1―0で破り、予選と合わせ4戦全勝で優勝を決めた。塩田秋主将(草野小5年)は「一人一人がいつも以上の力を出して頑張ってくれた」とチームメートの活躍をたたえ、「県優勝と全国大会出場へ弾みになった」と喜んだ。

 決勝リーグはアストロンとすずかけSSSが1敗1分で並んだが、得失点差でアストロンが2位、すずかけSSSが3位となった。2位リーグ戦はアルテーロFC、3位リーグ戦は中央台SSSが制した。

 福島民友新聞社の主催、平地区サッカー少年団後援会の主管、いわき市、いわきサッカー協会の後援、いわきスポーツクラブといわきFCの特別協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる