陸上・箭内選手らたたえる FTVジュニアスポーツ大賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰を受けた(左から)箭内洸斗、猪苗代中バドミントン部(男女)主将の山下啓輔、中静朱里

 第36回FTVジュニアスポーツ大賞の表彰式は14日、福島市の福島テレビ本社で行われ、全国小学生陸上競技交流大会の男子走幅跳で優勝に輝いた箭内洸斗(ひろと)(船引小6年)らをたたえた。

 式典では、森洋一福島テレビ社長が小学生の部の箭内、中学生の部の猪苗代中バドミントン部(男女)を表彰した。高校の部で受賞したバドミントンの金子真大、久保田友之祐(ふたば未来学園高)は強化合宿参加のため、選考委員会特別賞のふたば未来学園高バドミントン部(男女)は学校行事のため欠席した。

 受賞者を代表して猪苗代中バドミントン部の山下啓輔主将が「県民に感動や勇気を届けられるよう、日々精進する」と謝辞を述べた。

 式典には、安斎睦男県文化スポーツ局長らが出席。席上、福島テレビから県体育協会への寄付金50万円の贈呈があり、森社長が県体協の尾形幸男事務局長に目録を手渡した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン