東北フリーブレイズ3連勝 アイスホッケー・ジャパンカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日本製紙クレインズ―フリーブレイズ】第3ピリオド、FW篠原亨のゴールが決まり喜ぶフリーブレイズの選手たち

 アジアリーグアイスホッケーの国内4チームによるカップ戦「ジャパンカップ2018」は17日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナなどで2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はアウェーの同会場で日本製紙クレインズと対戦、5―0で快勝し、カップ戦3連勝とした。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW河合、DFスティーブンソンのゴールで2点を先制。第2ピリオドで1点を加えると、第3ピリオドも攻撃陣が躍動し、篠原亨、人里の両FWが得点を挙げ、試合を決めた。

 フリーブレイズは次戦の19日、アウェーの同会場でクレインズと対戦する。午後6時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる