ふたば未来・助っ人中学生輝く Jヴィレッジカップ・Bグループ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ふたば未来―新庄東】鋭くゴール前に切り込み、先制点をアシストしたふたば未来学園のMF遠藤彩(右)

 いわき市の新舞子フットボール場で17日に開幕した「第2回U―18女子Jヴィレッジカップ2018inいわき」は予選リーグから高校6チームによる白熱の試合が目立った。

 Bグループは新庄東(山形県)とふたば未来学園(広野町)が勝ち点、得失点差で並んだが、総得点数で新庄東が1位となり、決勝に進んだ。

 大会初出場のふたば未来学園が、"助っ人"中学生の活躍で昨年準優勝の新庄東高と五分の戦いを繰り広げた。

 インフルエンザの影響で2年生が欠場し、出場は1年生のみ。メンバー不足を補うため、今春入学予定の中学生5人を加えた布陣で大会に臨んだ。

 前半、助っ人中学生の一人MF遠藤彩華(中村二中3年)が試合を動かした。左からドリブルでゴール前に切り込むと、DFを交わして中央にグラウンダーの折り返し。これをDF五十嵐心咲(1年)が冷静に押し込み、先制点につなげた。

 「持ち味の縦への勝負ができた」と遠藤。試合は引き分けに終わったが、続く市川戦では自ら先制点を決め勝利に貢献した。入学後はもちろん女子サッカー部に入部する。「(一緒に戦った)先輩に負けないように、レギュラーを目指す」。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手