桜の聖母が連覇、準Vは新庄東 U-18女子Jヴィレッジカップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【桜の聖母-新庄東】後半、勝ち越しのゴールを決める桜の聖母のMF小野寺(右)=18日、いわき市・新舞子フットボール場

 いわき市の新舞子フットボール場で18日に決勝などが行われた「第2回U―18女子Jヴィレッジカップ2018inいわき」は、桜の聖母高(福島市)が新庄東高(山形県)の反撃を振り切って連覇を果たし、幕を閉じた。未来の「なでしこ」を目指す県内外6高校の女子選手たちが熱戦を繰り広げた。

 小野寺が勝ち越し弾

 桜の聖母のMF小野寺ゆきが値千金の勝ち越し弾を決めチームに連覇をもたらした。

 幸先よく先制するも同点に追い付かれて迎えた後半17分、味方の縦パスをカットした相手DFがペナルティーエリア内でクリアに手間取っている隙を見逃さなかった。小野寺は左サイドからすかさずDFの背後に近づきボールを奪うと、スピードに乗ったドリブルでGKと1対1に。左足を振り抜くと、ボールはGKの脇を抜けネットを揺らした。「GKの動きがよく見えていた。冷静に狙えた」と胸を張った。

 今大会、圧倒的なスピードで何度も相手サイドを駆け上がり、チームの攻撃を引っ張った小野寺。屋外での実戦練習の機会が少なく、試合勘に不安を抱えて臨んだ大会だったが、試合を重ねるごとに「不安は解消していった」という。予選では厳しい表情で見守った鈴木尚子監督も「試合を追うごとに桜の聖母らしい攻撃の形が出た」と目を細めた。

 今年の目標に「インターハイと高校選手権両方での全国大会出場」を掲げる小野寺は「オフサイドも多かったので動き出しにもっと磨きを掛けたい」と目標達成へ反省も忘れなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV