高浜理事長、選手強化へ決意 福島県トライアスロン協会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社した森崎副会長(左)と高浜理事長

 日本トライアスロン連合の森崎俊紘副会長と福島県トライアスロン協会の高浜康理事長は19日、新理事長の就任あいさつのため福島民友新聞社を訪れた。

 高浜理事長は「東京五輪・パラリンピックが2年後に迫っている。県内の有望選手については国体などを通じて強化に取り組んでいく。また、会員数の底上げに向け、ジュニア世代の育成や新たな枠組みの会員カテゴリーの導入なども検討していきたい」と抱負を語った。

 県トライアスロン協会顧問も務める森崎副会長は「(8月26日に開催される)今年の『うつくしまトライアスロンinあいづ』は第20回の記念大会となる。必ず成功させたい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる