功労賞、優秀選手賞の15人たたえる 福島県体操協会・表彰式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県体操協会の2017(平成29)年度表彰式は25日、須賀川市の須賀川高で行われ、功労賞、優秀選手賞の15人をたたえた。

 佐藤勲会長から一人一人に表彰状が手渡され、功労賞の斎藤恵二さんが「受賞に恥じないようさらに尽力し、2020年東京五輪に福島の選手を輩出したい」とあいさつした。

 佐藤会長が「日ごろのトレーニングが大切。さらに精進してください」と激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる