尚志高の仲村監督ら「課題克服し制覇を」 全国高校サッカー報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出場報告に訪れた(左から)仲村監督、石井、宗像、中井の3選手、倉又校長

 第96回全国高校サッカー選手権に出場した尚志高サッカー部の仲村浩二監督と中井崇仁(3年)、宗像利公(同)、石井龍平(同)の3選手は27日、大会の出場報告のため福島民友新聞社を訪れた。

 尚志は1回戦で東福岡に0―3で敗れた。仲村監督は「全国の強豪のレベルを肌で感じることができた。新チームでは、課題を克服して全国制覇したい」と話した。

 倉又晴男校長が一緒に訪れ、出場の記念誌を紹介した。郡山総支社も訪れた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手