吾妻が準々決勝へ 都道府県対抗スケート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【少年女子500メートル予選】懸命な滑りを見せる増子楓佳(郡山商高3年)=郡山市・磐梯熱海アイスアリーナ

 第65回全日本都道府県対抗ショートトラックスピードスケート競技会は3日、郡山市の磐梯熱海アイスアリーナで開幕した。初日は少年、成年男女の500メートルと1500メートルの決勝などが行われた。県勢は成年男子1000メートルで吾妻義尚(県スケート連盟、郡山商高卒)が予選を突破、準々決勝に駒を進めた。

 26都道府県から172人が出場。このうち県勢は11人が出場している。最終日の3日は少年、成年男女の1000メートルと3000メートル決勝などが行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手