「やめるいいタイミング」 遠藤尚7位、W杯モーグルたざわ湖大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会最終日は4日、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で非五輪種目のデュアルモーグル方式でモーグル第9戦が行われ、男子で遠藤尚(忍建設、猪苗代高卒)は7位だった。

 今季限りで引退する遠藤は準々決勝で、優勝した堀島に敗れた。

 トーナメント表を見たときから、堀島とぶつかるまで負けられないと思っていたそうで「本当に堀島と戦えて、やめるいいタイミングだと思った」と感慨深そうだった。

 最終レースとなる全日本選手権(17日開幕・札幌市)へ向け「自分のやってきたことを見せる最後のチャンス。しっかり準備して臨む」と気を引き締め直した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる