福島県選手団活躍誓う 全日本中学ソフトテニス結団式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
決意を述べる松本選手

 都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会の福島県選手団結団式は11日、福島市西部体育館で行われ、選手らが大会に向けた決意を語った。

 県ソフトテニス連盟の志田光夫会長が「優勝を目指し、自信を持って戦ってきてほしい」と激励。選手を代表して男子の松本詩生(二本松一2年)、女子の鎌田美樹(須賀川二2年)がそれぞれ活躍を誓った。大会は26日に三重県で開幕する。

 選手団次の通り。

 ◇男子 ▽選手=冨田康太、亀岡大倭(野田)松本詩生(二本松一)二瓶碧音(鏡石)会田楓輝(須賀川二)守谷善斗(二本松一)遠藤希来(二本松二)吉田航(須賀川二)▽監督=鈴木亮太(白河南)▽コーチ=服部翔吾(白河・東)阿保庄衛(内郷一)

 ◇女子 ▽選手=鎌田美樹、永沼さくら(須賀川二)佐藤未宙、清水空、相山幸希奈、大越冴珠(西郷一)矢田部愛未(白河・東)安富朱莉(錦)▽監督=本田貴信(石川義塾)▽コーチ=箭内広光(小野)斎藤祥経(小浜)高橋優太(信夫)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる