東北フリーブレイズ、PO2敗目 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アイスホッケーのアジアリーグは13日、アニャンアイスアリーナ(韓国)でプレーオフ準決勝(3戦先勝方式)第3戦が行われた。レギュラーリーグ3位の東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は同2位のアニャンハルラ(韓国)に1―2で敗れた。対戦成績は1勝2敗。

 フリーブレイズは第1ピリオド開始早々に先制を許したが、DFスティーブンソンの得点で同点とした。互いに譲らず1―1で迎えた最終第3ピリオドで勝ち越しを許し、そのまま逃げ切られた。

 フリーブレイズは17日、ホームのテクノルアイスパーク八戸(青森県八戸市)で、アニャンハルラとの第4戦に臨む。午後5時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる