大竹が3度目防衛 東洋太平洋スーパーバンタム級

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・後楽園ホールで行われ、チャンピオンの大竹秀典(金子、日大東北高卒)がブライアン・ロベターニャ(フィリピン)を10回1分53秒、TKOで下し3度目の防衛に成功した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる