東北フリーブレイズPO敗退 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―アニャンハルラ】第3ピリオド、FW山下のゴールに喜ぶフリーブレイズの選手ら=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは17日、テクノルアイスパーク八戸(青森県八戸市)などでプレーオフ準決勝(3戦先勝方式)第4戦の2試合が行われた。レギュラーリーグ3位の東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はホームの同会場で、同2位のアニャンハルラと対戦、1―3で敗れた。対戦成績は1勝3敗となり、プレーオフ敗退が決まった。

 互いに無得点で迎えた第2ピリオド、フリーブレイズは2点を奪われる苦しい展開となった。最終第3ピリオドでも流れを引き寄せられず、さらに1点を献上。次戦に望みをつなごうと、FW山下がFW山田のアシストから1点を返したが及ばなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる