福島ファイヤーボンズ、金沢に競り負け 秋田が東地区優勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【金沢―福島】第2Q、シュートを放つ福島のショウ=七尾総合市民体育館

 (25日・七尾総合市民体育館ほか=8試合) 2部(B2)東地区2位の福島ファイヤーボンズはアウェーで、中地区4位の金沢武士団に87―92で敗れ、連勝は3で途切れた。通算成績は28勝18敗で、順位は変わらず東地区2位。

 また、東地区1位の秋田ノーザンハピネッツは中地区2位の群馬クレインサンダーズを76―57で下し、東地区優勝を決めた。

 福島は第1クオーター(Q)、武藤が3点シュートをリングに沈めるなど7点をリード。しかし、第2Qで詰め寄られ、前半を41―40の僅差で折り返した。第3Qで大量30失点を喫し、61―70で迎えた最終第4Q、菅野やジョーンズらが得点を重ねたが、及ばなかった。

 福島は次戦の28日、山形県総合運動公園で山形ワイヴァンズと対戦する。午後6時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン